クレジットカードは世界中で幅広く利用されていますが、

ポイントと言ったサービス機能もたくさんあります。

日頃、クレジットカードをどういう目的に使うかで、

クレジットカードの選び方は変わるでしょう。

中でもポイントはぜひ確認しておきたいサービスの一つです。

クレジットカードの多くに付与されているポイントシステムですが、

クレジットカードの使用料に応じて蓄積されるものが多いようです。

クレジットカードによってポイントのたまり方や、

たまる率、還元内容などそれぞれ違いや特徴があります。

ポイントの貯まる特徴やサービス内容から、

一番使いやすいクレジットカードを見つけるようにするといいでしょう。

特に普段から自分がよく支払いに使う場所が発行しているクレジットカードは、

ポイントがたまりやすいのでおすすめ。

常に決まったガソリンスタンドで給油をしている人もいるでしょう。

ガソリンスタンドが発行していたり提携しているクレジットカードを利用して支払いましょう。

ポイントを貯めやすく、効率的に使うことができるクレジットカードも多いようです。

また最近多いクレカの不正利用についてです。

クレジットカードの不正利用から会員を守るための保障制度があり、第三者に拾得され悪用された場合に名義人が受ける不利益を発行会社が弁済してくれます。

紛失や盗難などで所在がわからなくなった場合は、交番に遺失届を出すとともにすぐに電話で発行元にも連絡をします。

何らかの不正利用が発覚した場合は60日間にさかのぼって対応してくれますが、警察に届け出をしていない場合は補償の適用はされません。

インターネットでは、番号と有効期限、名義を入力するだけで簡単に不正利用ができてしまいますので、特に注意が必要です。

事前対策としては、やたらとあちこちのサイトに番号を登録しないことや毎月の利用明細を確認していればわかるので、きちんとチェックすることが大切です。

クレジットカードはショッピングや食事の際に現金を使わずに精算ができます。

磁気によるバーコードやICチップを機械に通したり、番号や有効期限で契約者や提携ブランド、運営会社を特定する仕組みです。

ユーザーが決済で利用することにより利益が出るのですが意外なことに支払回数が2回までは金利手数料がかからないのです。

利用されても売り上げが発生しない場合は運営会社に収益は1円もないのでしょうか。

実は飲食店や商店などの加盟店からも手数料を集めているので必ず利益が出るシステムになっているのです。

手持ちの現金が足りない時財布に入っていると安心なのがクレジットカードです。

カード発行の申し込みができる会社は沢山あるのでどのクレジットを申し込もうか決断出来ずに迷ってしまう人もいるでしょう。

しかし、決めずらい時はカードを見比べてみると良いです。

カードの見比べはインターネットからクレジットカードの比較サイトなどが参考になるでしょう。

小銭しかない時に役立つクレジットカードはカード会社が多数存在するのでどこのカードを作ろうか迷ってしまうという方も多いでしょう。

そんな時参考にしたいクレジットカードの選び方はカードの年会費・金利に注目することです。

年会費がかかるのが嫌だという場合年会費を支払わなくて良いクレジットカードを。

キャッシングも考え居る人は低金利のカードがお勧めです。

楽天やYahoo!で買い物をするときに電子データーで支払い、現金を使わない方法をネット決済と言います。

いくつかの支払い方法がありますが、パソコンからのネットバンキングが便利です。

消費者はATMの存在を気にする必要がなくなるので買い物を手軽に行えるメリットがあります。

売り手は都合が良いときに入金を確認すれば良く営業時間が関係なくなるので自由に作業ができます。

しかし、不特定多数が利用するインターネットは危険が多くハッカーによる情報漏洩の可能性は常に危惧されます。

クラッシックカードに比べるとゴールドは高い地位にあり通常会員が利用できないサービスを受けることができます。

日本で発行されている大半は年会費が高額で審査が厳しかったですが近年では、よりハイレベルなカードが作られてきたので、条件はゆるくなってきたようです。

対象となる会員は数多くの特典を受けることができ、その中にはより高額な保険補償額の提供、ホテルや航空券、劇場などのチケットの手配などがあります。

年間の会費が無料になるものもありますが、これについては既存会員の中で企業が規定する利用条件を満たした人だけが「お誘い」を受けるシステムなので、会員側からアクションを起こすことはできません。

その上、規定の決済金額で年会費が不要になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクシティゴールドカードでは年間30万円の決済で適用されます。

お金を使わずにショッピングや飲食ができるので支払いが手軽で便利になるカードがありますね。

利用額の何パーセントかのポイントが付いたりマイルが貯まるブランドもあります。

店員さんに預けてレジに通してもらうだけなので使い方は簡単ですが、他人の物を使うと裏面にサインされた筆跡でバレてしまいます。

支払手続きをした分の利用額は入会契約時に指定された決済日に自動引き落としされます。

一括払いが通常ですが、「後からリボ」や「ローン」に変更する事もできます。

一般カードのようにグレードが低くても多くのものは国内や海外で適用される旅行保険が付いています。

交通事故にあってしまったり、急に高熱が出た場合などに対応していてステータスが高いほど手厚い補償を受けることができ心強いですね。

どの会社でも国内よりは海外旅行の方が限度額が高額なのですがこれは海外の方が医療費が高額なことが原因で、オーストラリアで骨折して治療に170万円かかったという例もあります。

携行品やショッピング品についても保障している事も多く、会社によって1回の旅行で数万円以内までは保障するなどの規定があります。

保険適用には自動付帯と利用付帯と2通りがありますが所有していれば自宅に保管していても適用されるのが自動付帯で、支払に使用しなければ適用されないのが利用付帯です。

現在、電子マネーは色々な種類がでてきていて過激なポイント攻勢やスーパーセールでお馴染みの楽天のEdyもそれにあたります。

スマートフォンからチャージできるものもあり飲み会やディナーの支払もその範囲で決済することができます。

レジでお金を数える必要が無いので時間が無くて急いでいる時でも慌てなくて済みますね。

1ヶ月分がまとめて請求されるキャッシュ要らずのカードは累積金額が不安になりますがこのシステムでは、ショッピング前に支払が完了しているので安心です。

更に預託金システムなので信用審査が不要ですから誰でも利用できるのが最大のメリットですね。

持っていると便利なクレジットカードの審査は色々なローンに関する審査に比べると比較的簡単なケースが多く大部分のクレジットカード会社がネットから24時間365日申し込みが出来ます。

何か過去にローントラブルが無ければ申し込み方法は簡単で審査時間も短い場合が多く、審査に通ったら、1週間ほどで本人宛のカードが郵送されます。

買いたい物がある時にクレジットカードを1枚持っているととても便利です。

カードで支払いを済ます事が出来るので、わざわざ現金を出す必要がありません。

クレジットカードを提供している企業は沢山ありますが基本、クレジットカードは使用すればするほどカードにポイントが付きます。

ポイントの使い道は色々ありますがカード請求時に貯まった分だけ支払いを引く事が出来たり沢山貯めて欲しい賞品と交換するという様な事も出来ます。

いざという時持っていると便利なのが現金がなくても支払可能な1枚です。

買い物の支払いを済ませることが出来る機能の他現金が引き出せる機能が付帯しているのでお金が必要な場合はすぐに対応できます。

これを発行する方法は数多くありますが、簡単な作成法はインターネットを介して申し込みをする方法です。

ネットからの申し込みは現在一般的な方法です。

ネット以外の方法になりますと作成した会社から送られてくる書類に必要事項を書き返送する方法があります。

クレジットカードはレジで現金を出す必要が無くなるだけでなく色々な特典が用意を利用することができます。

OMCやセゾンなど流通系のものは定期的に系列店での買い物が5%オフになるなどのサービスを開催しています。

国際部ブランドのVISA、MasterCard、JCBなどは海外や国内のホテルやレストラン、ショッピングで優遇が受けられます。

レクリエーション面で発行元が運営している特典は、ゴルフリゾート会員券の紹介や提携ゴルフ場、ゴルフ練習場、ゴルフスクールの割引価格での利用があります。

そのほかにも、ヘルス&ビューティ面での充実を図っているカードもあり健康、ダイエット、漢方相談、メンタルヘルスなどの専門相談などのサービスをうけられるものもあります。

キャッシュレスでも買い物できる1枚、その支払い方法には様々な支払方法があります。

リボ払いは分割払いとは違い残高に応じて決められた金額を月々その会社へ支払います。

月々の支払いを一定にする事ができるので支払い管理をしやすくなるのが利点です。

しかし、この方法を選択すると手数料もかかりますので毎回選択する事はオススメではありません。

返済方法は計画的に行ってください。

現在、国内では非常に多くのクレジットカードが使われておりそのほとんどが国際ブランドと提携しています。

富裕層が持つ事で知られるAMEXもありますが、VISA、MasterCard、JCBが一般的でこれさえあれば、海外旅行も安心してエンジョイすることができます。

国内ではVISAがクォリティの高いイメージがあり、その名前はテレビCMでも有名ですね。

MasterCardも所有者が多く幅広い層から支持されておりアコムと提携している「アコムACマスターカード」でも有名です。

JCBは国内で利用できない店はほとんどありませんが渡航先によっては使えない事がありますので注意して下さい。

関連ページ